ブログ


岐阜県岐阜市 Sクリニック様【外壁塗装工事、防水工事】

岐阜県岐阜市 Sクリニック様【外壁塗装工事、防水工事】

 

皆様こんにちわ。アサイ塗工店の鈴木です。

今回は岐阜県岐阜市のSクリニック様から頂いたご依頼及び、施工内容を詳しく書いていこうと思います。

ホームページよりお問い合わせを頂き、元々は別業者様にご依頼しています屋根改修工事をおこなっている足場を使って外壁塗り替え工事をしたいというお客様のご依頼でした。

早速、当社の劣化診断士が調査にお伺いした所、階段外壁部分の劣化が著しく旧塗膜が膨れ上がっていました。又、それ以外の外壁・鉄部・樋等、各所に旧塗膜の劣化によるチョーキング現象がみられました。

お見積書をお渡しした所、当社に正式に施工のご依頼を受けました。

施工前の写真を見ていきましょう。

上部の鉄部も街灯も元々は黒色だったのですが劣化して白くなってグレーっぽい色にいます。階段外壁も旧塗膜が膨れ上がっていて茶色くなっているのでわかりやすいかと思います。

では早速高圧洗浄にて施工面を綺麗に洗浄していきます。


高圧洗浄

 

高圧洗浄が終わりましたら養生・ケレン作業・下塗りに入っていきます。


外壁のケレン作業・下塗り・上塗り

 

↑の写真は階段外壁の膨れ上がった旧塗膜のケレン作業写真と下塗り施工写真です。

膨れ上がった方の写真をよく見て頂くと旧塗膜の中に壁にひびが入っているのが見えます。(ひび割れのことをクラックと言います)

ここから水が入り塗膜を押し上げ膨れてこのような現象になったと思います。

細かくケレン作業が終わりましたら外壁の下塗り作業に入っていきます。

下塗りは旧塗膜の小さなクラックを埋めたりしっかり密着させる為に希釈はあまりせずたっぷりと塗ることによって上塗りが綺麗になります。

トップは基本2回塗りとなります。塗膜をしっかりとつけることによって長期間美観を保ちます。

次は鉄部の手摺の塗装を行っていきます。


特殊な鉄部の塗装

 

外部の手摺は鉄製の物はあまり使われません。何故かと言いますと長期間の雨風に晒されることによって鉄製の物は錆びたり腐敗してしまうからです。ですので雨風に強いアルミ製やステンレス製の物が最近は支流になっております。ですが、やはり雨風によって塗膜が劣化していきます。アルミ製やステンレス製の物は特殊な下塗りを入れないと密着することが出来ず、施工後すぐに塗膜が捲れたり剥がれたりします。今回は特殊な下塗りを入れてしっかりと密着させていきます。

使用する材料はエスケー化研のSK#1000プライマーです。

まずはケレン作業をして目荒らしをします。目荒らしとはツルツルとした面では塗料の食いつきが良くない為、サンドペーパー等を使い目立たない程度に傷をつけて塗料の食いつきを良くすることを言います。

下塗りが完了しましたら上塗りは通常の溶剤塗料で塗装することが可能となります。

上塗り1回目が終わりましたら再度ペーパーでケレン作業を行います。そうすることによって塗膜が平滑になり1回目の乾燥時間中に付着したゴミ等も取ることが出来て手触りが良い手摺が出来上がります。


ベランダの排水路のクラック補修

 

まずはこちらをご覧ください。

こちらはベランダにある雨などが流れる排水路です。左の写真ではよく分かりませんが、右の拡大写真だとベランダの壁と排水路の間にクラック(ひび割れ)が入っているのが分かります。

こちらを今回はバリュークリエーション株式会社さんのミラクルプライマーMP-2000を使用して補修していきます。

 

MP-2000を使用して施工完了した写真です。こちらの上に防水トップを塗装して完了となります。


最後に施工前と施工後の比較

 

では最後に施工前と施工後を比較してみましょう。

どれを見ても綺麗になっているのがわかりますね。お客様も大変満足しておられました。

アサイ塗工店はお客様第一!最高の仕上がりをお客様にリーズナブルな価格で提供しております。

お見積りも無料で行っておりますでのお気軽にお問い合わせください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社 アサイ塗工店. All rights Reserved.