ブログ


塗装 外壁編

塗装 外壁について

 

皆様こんにちわ。アサイ塗工店の鈴木です。

さて今回は外壁について書いていこうと思います。

1つに外壁と言いましてもこれもいくつかあります。住宅で多いのが

サイディングボード・トタン板・ALCパネルetc…

 

まずはサイディングボードからの説明をいたします。サイディングの写真がこちらです。

サイディングボード 画像 

サイディングボードとは窯業系サイディングが今の市場の大半を占めております。

近年の住宅は大半がこのサイディングでできております。

サイディングはセメント質と繊維質により形成されています。

そのため、サイディングの元となる材料には吸水性があるので、防水性の機能を保たせるには表面の塗装が重要になってきます。

サイディングの表面の塗装が劣化しだすとサイディングの中に水分を吸収して以下の症状が出だします。

サイディングが反りかえる

サイディングの塗装が剥がる

又、長期放置により塗装が劣化してチョーキング(白い粉上の物)が表面に出ます。

更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

次はトタン板の説明をいたします。

トタン板の写真はこちらになります。

木目調トタン板壁 画像  トタン屋根 画像 

 

皆様もよく見られると思います。昔からある古民家によく使われているやつですね。

トタン板とは亜鉛メッキで加工された亜鉛鉄板です。近年の住宅ではほとんど見受けられなくなりました。

トタン板のメリットは

施工費が安い。

何かあった時の補修が比較的簡単で低コスト

トタン板のデメリットは

やはりサビやすい事です。

更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

続いてはALCパネルの説明をします。ALCパネルの画像がこちらになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ALCとは、Autoclaved Light-weight Concreteの略です。

発泡剤で多孔質化した軽量気泡コンクリートで軽量で施工、加工が容易で、断熱性・耐火性も高です。

従来、鉄骨造等の外壁や内壁、屋根、床などに使われてきましたが、近年は多様な模様のALC意匠パネルの開発とともに、ALCを一戸建て住宅に使用するケースが増えてきてます。

某大手ハウスメイカーさんがヘーベルハウスというのを出されていますがまさにALCです。

上の説明を見てもらうと非常に優れた外壁材なのは分かると思いますがやはりデメリットは存在します。

上記の2つに比べると施工費が高い

水に非常に弱い

ALC板が1つあたり小さいので繋ぎ目が多く繋ぎ目からの雨漏りの可能性がある

以上が大半のお宅に使われている外壁材です。

更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

上記3つに言えることは

【外壁材はいつまでも放置してても大丈夫ではない】ってことなのです。

定期的にメンテナンスしないと最悪外壁張り替え・雨漏りで内部から直さなきゃいけなくなる

ってことなりかねません。せっかく高いお金で買ったお宅を末長く住むためにも定期的にメンテナンスを行うことをお勧めします。

お客様の中には「家のメンテナンスはお金がかかる」とか「悪徳業者が怖い」とよく聞きますが近年リフォームローン(扱ってない会社もあります)もあります。

弊社が扱ってるイオンプロダクトファイナンスは金利もそこまで高くありません。しかも今なら

金利は0円!弊社が負担!!月々数万円で外壁リフォームが出来きます。

悪徳業者の件は引っかからない為にもまずは色々な業者に見積りをしてもらいよく話をして信用出来る業者さんを見つける&お客様自身も外壁リフォームに関する知識をつけることが大事だと思います。

最後に一つ

【自分の家は自分で守る!】

さて次回は屋根に関するお話をしていこうと思います。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社 アサイ塗工店. All rights Reserved.