ブログ


住宅お悩み相談 屋根・外壁塗装中に困る事【臭い】【換気】【エアコン】

屋根・外壁塗装中にお困りな事 【臭い】【換気】【エアコン】

 

皆さんこんにちわ。アサイ塗工店の鈴木です。

今回は実際に屋根・外壁を工事中(塗装中)にお客様より聞かれる事・お悩みな事を書いていこうと思います。

 

»「油性塗料のシンナー臭が臭いどうすればいいのですか?」


油性塗料を使用すると、どうしても出てしまうあのシンナーの臭いです。

使い慣れている作業員ですら臭いと感じてしまうのですから、中にお住いのお客様は更に臭いと感じられると思います。

一般の塗装業者は住宅とアパート・マンションと施工順番が違いますのでここでご紹介します。

 

●一般の住宅ですとお客様に何も言われなければ窓は全て養生させて頂きます。こちらはお客様のご要望に応じて当日の作業終了後に養生を撤去します。

 

●アパート・マンションになりますと全面の養生は致しません。業者によって様々ですがベランダ面を1番最初に施工するか、1番最後に施工します。こちらも住まわれているご入居様のご要望に応じて作業終了後に養生を撤去します。

 

上記が一般の施工業者の流れになります。

 

ここで気になる点!業者によって様々ですが、お客様が何も言わなければ施工期間中は基本養生を撤去しません

優良施工店は養生を施工する時点でお客様にお声を掛けさせて頂き、養生撤去の事前確認をいたします。

冬はそこまで窓は開けられないと思いますが、夏季になりますと息苦しく開けたくなるお客様も多数いらっしゃいます。

ですので聞かれなかった場合、施工店に「この窓は夜開けたいので養生を撤去してほしい」と言って頂いて構いません。遠慮などせずに言った方がいいです。施工業者側も何も連絡なしにも勝手に穴を開けられると悲しくなります。1番大事なのは施工する側ではなく、施工される側(お客様)なのですから!

 

しかし問題は時間帯の合わないアパート・マンションにお住まいのお客様方です。

朝早くにお出かけになり帰りも遅い方にとっては話しようがないじゃないか!ってなると思います。そんな時は窓や玄関等に張り紙をしておくのもいいかと思います。

例えば「ここの窓は夜開けますので夜養生をしないでください。」等で十分理解してくれると思います。勿論、わざわざ外に貼る必要もなく部屋の中から窓に外に見えるように貼って頂けば養生施工前なら外の作業員も確認出来ます。もう既に養生してあるよ!ってお客様は、養生を破って頂きその上外側に見えるように張り紙等を貼って頂ければいいかと思います。

 

さて換気出来る窓がありますので次にいかに外にシンナー臭を出すかですが1番やってはいけないことは窓を全部閉めた状態で換気扇を回す事です。

えっ?なんで窓を開けなきゃいけないの?と思いますがここが1番重要なのです!

原理をお話ししますと、建物には必ず隙間というものが存在してしまいます。隙間が無ければ換気扇を回していたらいずれ空気がなくなり窒息死してしまうからです。

と言うことは建物に隙間がありそこから空気が入って換気扇より外に空気が抜けていくとなります。問題は建物の隙間です。

窓を閉めた状態で換気扇を回しますと、建物の隙間よりシンナー臭が中に入り込んで換気扇より外に抜け、いつまでも室内のシンナー臭がとれず長時間臭いままなので、まずは空気の入り口を作ってあげるために窓を開けます。窓を開けた状態で換気扇を回しますと建物の隙間より大きな窓の方から空気を取り入れ換気扇より抜けるので効率の良い換気が出来ます。出来る事なら窓は数ヵ所開けれる状態だと更に効果が望めると思います。

更に塗料によく使われるシンナー系は実は空気より重いので臭いは下へ下へ落ちます。ですので2階の窓を開けて1階で換気するのがベストです。

油性塗料は長期間にわたって臭いがのこるわけでは御座いませんが(1日もすれば施工当日の塗料の臭いはある程度抜けます)建物の大きさ・施工期間の問題もありますので数日は窓開け換気をした方がいいかと思います。

現在は油性塗料よりも臭いの少ない水性塗料も多く出回っておりますので塗料全部が臭いって言うわけでも御座いません。

 

»「換気扇・エアコンの室外機に養生がしてあるのですが換気扇・エアコンを使ってもよろしいのでしょうか?」


こちらもよく施工中のお客様より承るご相談です。

こちらも塗料が飛散して汚れてしまうので、換気扇・エアコンの室外機は養生をさせて頂きます。ですが換気扇は換気口に大きな穴を開け換気可能に、エアコンの室外機はメッシュ状の室外機カバーを被せての施工となりますのでどちらも安心してご使用できます。夏季にご在宅中にもかかわらずエアコンの室外機が回っていないお宅の工事をしますと非常に心配になります。養生をしてある状態でエアコンを使ったら壊れてしまうから使わなかったというご年配の方もいらっしゃいました。当社はエアコンの室外機に空気が通りやすいメッシュタイプの養生を使用しておりますので遠慮などせずにガンガン使って下さい!

更にはエアコンから外気が入って部屋が臭くなるから使わなかったというお客様もいらっしゃいました。

こちらに関しては一部のエアコンを除きエアコンは外気を使用致しません。エアコンは室内の空気を外部に設置してある室外機により冷やしたり温めたりします。ですので内気をを循環させていますので安心してご使用ください。

しかし上記でも書きましが2003年~2006年の一部のエアコンは外気導入システムが付いておりますので今一度ご確認の上、ご使用ください。

 

いかがでしたでしょうか。施工中のお悩みは施工業者に聞くのが1番なのですがそれでも聞きにくいかと思います。アサイ塗工店はお客様第一主義!お客様の目線に立ち、お客様の小さなお悩みにも真摯に対応してまいります。ご不明な点・お悩みはお気軽にお問い合わせください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社 アサイ塗工店. All rights Reserved.