塗装現場レポート

大垣市 アパートのベランダに防水工事をしてきました!

2021.11.5

施工後

ベランダの防水工事のご依頼があったので、行ってきました。

施工前はこのような状態です。

施工前 

コンクリートがそのままになっており、防水層は張られていません。この状態だとコンクリートに水が染み込んでしまいます。

マンションやアパートのベランダはコンクリートで作られていることが多く、コンクリート自体に防水効果があると思っている方もいらっしゃいますが、実はコンクリートそのままではよくありません。

コンクリートは一見丈夫そうに見えますが、その中身はただ砂利を集めて結合材で固めたものです。そのため、長期間水分にさらされていると、砂同士の結合が弱くなり砂利同士の間に隙間ができてしまいます。この隙間に水分が入り込み、内部の鉄骨まで達してしまうと大問題です。

そのような事態を防ぐために、ベランダや屋上には防水施工をするのです。

防水工事にはウレタン防水、シート防水、アスファルト防水、FRP防水があります。

今回行った防水工事は、このコンクリートに防水性のあるウレタンの塗料を塗布するものです。どんな形状の施工面でもしっかり密着するため、施工場所を選ばないため非常に人気の高い防水工法です。費用面も手が届きやすく、同じくベランダに施工されることの多いFRP防水と比べると工事費用は安価で済みます。

まずは高圧洗浄機で施工面を洗浄して細かなゴミがないように落としていきます。洗浄が完了したらまずは下塗りを行なっていきます。

↓下塗り後下塗り

乾燥させたら、ウレタンの塗料を塗布していきます。
ここで塗膜を均一な厚さにしないと防水層が薄いところに水が溜まりやすくなり、そこの水はけが悪くなることで劣化が進む原因となってしまいますので、注意する必要があります。

施工後

 

また、一度防水施工をしたらしっぱなしのまま放置する方も多いのですが、実は防水工事は10年〜15年に一度は定期的にメンテナンスをする必要があります。

防水層は常に日光と雨水にさらされています。塗装が剥がれてしまい、ヒビになってしまったりダメージを蓄積していきます。せっかく費用をかけて防水工事をしても何もせず長期間放置していると塗膜の劣化が進み、小さなヒビなどから内部に入り込んでしまうので意味がありません。せっかく防水施工をするなら、長期間長持ちして、効果を最大限発揮できるようにしたいですよね。

今回のお客様もあまり防水工事に詳しくないようでしたので、今後のメンテナンスの必要性などを説明させていただきました。

お見積りのご依頼・お問い合わせは
お気軽にどうぞ!

スタッフ写真

岐阜県岐阜市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

【エースペイント】株式会社アサイ塗工店
https://asaitokouten.com/
住所:岐阜県岐阜市市橋6-9-17

お問い合わせ窓口:058-216-5100
(9:00〜18:00 土日祝も対応)

対応エリア:岐阜県岐阜市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  

https://asaitokouten.com/actual-introduction/
お客様の声 

https://asaitokouten.com/customers-voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 

https://asaitokouten.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ 

https://asaitokouten.com/contact/


地元密着で安心施工

岐阜のお客様の声

top