塗装現場レポート

羽島市 マンション ウレタン防水工事

2021.10.31

防水工事

今回は羽島市のマンションの防水工事をしてきました!

防水施工の劣化があるので塗装し直して欲しいとのことでご連絡いただきましたので、早速確認したところ、もともと防水施工はされていましたがウレタンの塗膜に色褪せや汚れがこびりついているところなどの劣化症状が見られていました。ご依頼者様に聞いてみると、10年以上前に防水工事をしてから一度もメンテナンスをしていないとのことでした。

施工前の状態は、ウレタン防水の塗膜内に水蒸気が溜まっていてベコベコしているところがありました。調べてみると手すりの立ち上がり部分に数箇所小さなヒビが入っており、そこから侵入した雨水が内部に入り込み、日光に当てられて水蒸気になり膨れになってしまったのだと推測します。

密着防水工法だとこのようなトラブルはしばしば見られます。ウレタン防水には密着工法と通気緩衡工法があり、密着防水工法は施工面に下地や塗料を直接塗り、密着させる方法です。一方で通気緩衡工法は、下地と塗料の間に通気緩衡シートを貼り付けて行う工法です。
シートに穴をあけて脱気口を設置するので、そこから水蒸気を外に逃すことができます。築年数がたっており、建物自体に水分が溜まっている場合やマンションやアパート、工場などの広い建物で防水工事をするときにはこちらの工法が良いとされています。

今回はやや広めな屋上なので、この通気緩衡工法を行っていくことにしました!

ケレン

まずは古い防水層を撤去し、接着剤などをスクレーパーや洗浄機できれいに洗浄してきます。乾いたら接着剤を塗布し、隙間やずれがないように慎重に通気緩衡シートを貼り付けていきます。

ドレン周りもサビが進行していたので、このタイミングでドレン部分には新しいドレンを設置していきます。既存ドレンと施工面の継ぎ目にここから内部に侵食してしまい、雨漏りにつながるケースも少なくないのです。ドレンにゴミや枯葉が詰まることによってドレン周辺の防水層の劣化が進行してしまう原因にもなるので、こまめにゴミを取り除くことが大切です。

防水工事

既存ドレンの上から改修用ドレンを設置し、施工面との継ぎ目箇所をメッシュと塗料でカバーし、劣化部分に水分が入り込まないようにします。

次回はこの続きからレポートしていきます。

お見積りのご依頼・お問い合わせは
お気軽にどうぞ!

スタッフ写真

岐阜県岐阜市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

【エースペイント】株式会社アサイ塗工店
https://asaitokouten.com/
住所:岐阜県岐阜市市橋6-9-17

お問い合わせ窓口:058-216-5100
(9:00〜18:00 土日祝も対応)

対応エリア:岐阜県岐阜市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  

https://asaitokouten.com/actual-introduction/
お客様の声 

https://asaitokouten.com/customers-voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 

https://asaitokouten.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ 

https://asaitokouten.com/contact/


   

外壁塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
地元密着で安心施工

岐阜のお客様の声

top